読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニング娘。'15コンサートツアー春GRADATION~の感想

モーニング娘。'15コンサートツアー春GRADATION~を2015年4月5日にiichikoグランシアタで観た感想です。 私は最近モーニング娘。'15のファンになったばかりの超初心者でのめて生で見るコンサートでした。

お客さんの層が広く安心感を感じる

会場に入ってまず思ったのは10代の若い人からお年寄りまでファンの年齢層の幅の広さを感じました。女性も割りと多く、1人で来ている人もいれば家族連れや老夫婦の方もいらっしゃいました。

また開演前からスタッフが何人も安全に公演を行うにあたって不備はないかをいろいろチェックしていて、しっかりしているなあと思いました。

また、開演、終演の時間もきっちりしていて、遠くから来ているお客さんへの配慮もきちんとしていると思いました。

どんな人も安心してコンサートを楽しめる体制がきちんと確率されていて、こういうところがアップフロントのすごさなんだなあと思いました。

ペンライトが難しい

コンサートを見るにあたってペンライトをどう振ればよいのかわからず(ペンライト自体も初めてでした)適当に振っていたら、他の人たちと全く違う動きになり浮いてしまうので、前のほうの席の人のを真似て振っていたら、肝心なステージを見ていないという本末転倒な事態になってしまいました。

普通に振ったり、推しジャンだったり、振りコピだったり、ここはこの人の推しとこの人の推しは上げるといったものがあったりして、これらの動きを全部覚えるのは時間がかかるだろうなあと思いました。

セットリストを先に知ってしまうと楽しさが減ってしまうかなと思っていたのですが、初心者の場合はむしろセットリストを見て、歌詞や振りをある程度頭に叩き込んでおいたほうがいいなあと思いました。

小田ちゃんの迫力がすごい

まず最初に驚いたのが小田ちゃんのボーカルの迫力でした。小田ちゃんの声量はすごいという話はテレビやラジオで聞いていたのですが、 生で聴くとこんなにすごいのかと思いました。

会場のスピーカーの音圧がすごくて客入れのときにかかっていたアンジュルムの「大器晩成」やカントリーガールズの「愛おしくってごめんね」のキックの音が、ボッコンボッコンとクラブ仕様重低音になっていて、「えっ!こんなすごいの?」と思いました。

重低音が効いているぶんボーカルが少し弱くなってしまったりするのかと思いきや、全員のボーカルに迫力があり、中でも小田ちゃんのボーカルはズドーンとスピーカーを突き抜けて飛び出てくるような重厚感がありました。

鞘師さんのダンスの正確さに驚く

鞘師さんのキレッキレのダンスがどれぐれいキレッキレなのかということも楽しみにしていたのですが正確無比な動きで見ていてとても綺麗でした。 ターン1つとっても無駄な動きがないところがすごかったです。

特に「Help Me!!」のイントロのところの動きの正確さ。ライブの後半なのでみんな微妙に斜めったりしているのですが鞘師さんだけスーッと真っ直ぐ動いていて、そこは他のメンバーと明らかに差がありました。思わず「すげー」と吹き出してしまいまうぐらいすごかったです。

「イマココカラ」~「涙ッチ」の流れが最高

この大分のコンサートの前日につんく♂さんが母校の近畿大学の入学式での祝辞で声を失ったことを告白し 「私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です。こんな私だから出来る事。こんな私にしか出来ない事。そんな事を考えながら生きていこうと思います」 という祝辞を学生に伝えたというニュースが報道されました。

「イマココカラ」からはつんく♂さんが書いた曲ではないのですが、サビの「イマココカラ始まる ココロのミラクル 運命も未来も切り開く」 という歌詞を聴いたときにつんく♂さんの祝辞のときの姿が頭の中に思い浮びました。

つんく♂さんの歌はどんなときでも前を向いて歩いていくという姿勢が貫かれていて 歌だけでなく人生でもその姿勢を貫き通しているところに心打たれました。サビのところでV字にならんで力強く熱唱している姿がとても印象的で、そのあとの「涙ッチ」の間もずっと泣きながら見ていました。